MENU

【ドバイ旅行】世界一の高さ「ブルジュハリファ展望台」おすすめの時間帯は?

「ブルジュハリファ展望台に登るおすすめの時間は?」

「展望台への行き方は?」

わたしは、2019年12月28日から年末年始の休みを利用してドバイに行ってきました。

ドバイと言えば、世界一高いブルジュハリファですよね。

世界一高い建物の展望台へ、世界一高いと思われるチケットを購入して絶景を見てきましたよ。 

世界一高い建物として有名なのが、ドバイにある「ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)」です。

上層階には3種類の展望台があり、世界中から多くの観光客が訪れる人気の観光スポットとなっています。

「ブルジュハリファ展望台」に登るおすすめの時間帯は、ズバリ日没前後の時間帯です。

夕暮れ時に展望台に登り、昼と夜の景色を両方楽しみましょう!

【スポンサーリンク】
目次

ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)とは世界一高い超高層ビル

f:id:nodame79:20200110211959j:image

ブルジュ・ハリファとは、アラブ首長国連邦ドバイにある、世界一高い超高層ビルです。

ビルの高さは、なんと828m!桁違いの高さです。

日本一高い建物が、スカイツリーで高さは634mです。

スカイツリーと比較すると、ブルジュ・ハリファの桁違いの高さが想像しやすいのではないでしょうか。

ブルジュ・ハリファは世界的にも有名な観光スポットとなっており、世界中から観光客が押し寄せます。

世界的には、トムクルーズ が主演を務めた映画「ミッションインポッシブル」の撮影場所となったことでも有名です。

日本では、「秒速で1億稼ぐ男」与沢翼さんが住居として購入した事が話題となっていましたね。

物件価格は、〇億円もするようです。

大晦日には、ド派手なカウントダウンイベントが開催されています。

入場チケットの予約方法

f:id:nodame79:20200110212151j:image

ブルジュ・ハリファの展望台に登る為には、事前に入場チケットの購入が必要です。

当日券もありますが、値段が跳ね上がります。必ず事前に予約するようにしましょう。

チケットの予約は、公式ホームページ or オプションナルツアーで申し込みが可能です。

展望台に登る時間を指定して、チケットを購入します。

チケットの種類・料金

f:id:nodame79:20200110212245j:image

展望台チケットの料金は、展望台の階数によって変わってきます。

チケットの種類は、主に3種類です。

  1. AT THE TOP アットザトップ(124,125階 ):42ドル〜
  2. AT THE TOP SKY アットザトップスカイ(148階):116ドル
  3. The Lounge  ラウンジ(152・153・154階):167ドル〜

さすが世界一の高さを誇る「ブルジュ・ハリファ」です。

入場チケットも、世界一の値段ではないでしょうか。

わたしは奮発して、148階のチケットを購入しました。

年末年始だという事を考えると、かなりの混雑が予想されますからね。

ブルジュ・ハリファ展望台へ登るおすすめの時間帯は、日没前後の時間

f:id:nodame79:20200110214955j:image

展望台へ登るおすすめの時間帯は、日没前後の時間です。

せっかく高いチケット代を払うのであれば、昼と夜の両方の景色を楽しまないと勿体ないですよね。

日没時間を事前に調べて、昼間の絶景と夜の綺麗な夜景を楽しみましょう。

日没時間は、下記サイトで調べる事が出来ますよ。

アラブ首長国連邦 / ドバイの時差と現在時刻 – Time-j.net

ブルジュ・ハリファへの場所・アクセス・行き方

f:id:nodame79:20200110212322j:image

まず、ブルジュ・ハリファ展望台の入り口は、地上にはありません。

※注意しておかないと、かなり時間をロスしてしまいます。

わたしは迷ってしまい、集合時間ギリギリになってしまいました。

最寄り駅はドバイメトロ(レッドライン)のブルジュハリファ/ドバイモール駅(Burj Khalifa/ Dubai Mall)です。

ブルジュ・ハリファ展望台の入り口は、隣接するドバイモールの中にあります。

駅からドバイモールへは、20分程かかります。想像以上に遠いので、時間に余裕を持って行動しましょう。

f:id:nodame79:20200110212355j:image

ドバイモールについたら、LG floor(日本でいう地下1階)まで降ります。

地下ではありますが噴水がある地上に繋がっています。

ドバイモールのLGフロアーについたら、「AT THE TOP」の案内を目印に入場口に向かいます。

f:id:nodame79:20200110214130j:image 

正直、入り口がわかりづらいです。

また、ドバイモールが広すぎて迷います。

集合時間1時間前には、ドバイモールに着いておく事をおすすめします。

また、事前にドバイモールのMAPを見ておいた方が良いかと思います。

ドバイモール公式サイト:A detailed map guide of The Dubai Mall

f:id:nodame79:20200110214450j:image

入り口の前は、壁が赤くなっており「ブルジュ・ハリファ」の模型が展示してありました。

高速エレベーターで一気に148階の展望台へ

受付に着いたらプリントアウトした予約チケットを受付に提出し、本チケットと交換してもらいます。

f:id:nodame79:20200110214736j:image

展望台へ訪れたのは、12月29日。

年末とあって、人で溢れ返っていました。

待つ事5分程、無事にチケットをゲットしました。

f:id:nodame79:20200110214858j:image

チケットと一緒にもらったVIPシールを貼って、待合室で入場時間まで待機します。

f:id:nodame79:20200110215923j:image

このVIPシールが、優先入場の印となっているようです。

絶対に無くさないようにして下さいね。

待つ事15分ほど、やっと案内してもらえました。

しかし、展望台へはまだまだ着きません。

建設中の状況が記録された映像を見ながら、エレベーターに向かいます。

f:id:nodame79:20200110220349p:image

ここでもまさかの行列です。

結局、エレベーターに乗るまで、30分程かかりました。

しかし、エレベーターに乗ったらあっという間。

f:id:nodame79:20200110220610j:image

エレベーターの速度は、秒速は10mだそうです。

124階の「AT THE TOP」には、1分程で到着しました。

そこからAT THE TOP専用のエレベーターに乗り変えます。

f:id:nodame79:20200110220743j:image

専用のエレベーターに乗って30秒後、148階のAT THE TOP SKYに到着しました。

f:id:nodame79:20200110220927j:image

AT THE TOP SKY148階からの眺望

f:id:nodame79:20200110221003j:image

ずっと夢見てた、世界一の展望台からの景色です。

超高層ビルが立ち並ぶドバイですが、全ての建物がちっぽけに見えます。

なかなか実感が湧かず、ジオラマを見ている気分になりました。

逆側を見て見ると、未来都市とは真逆の光景を見る事が出来ました。

オールドドバイと砂漠が広がっていましたよ。なんとも不思議な光景です。

f:id:nodame79:20200110221024j:image

ちょうど日没の時間に展望台に登ったので、綺麗な夜景も見る事が出来ました。

f:id:nodame79:20200110221104j:image

高いチケット代を払って、148階まで登った甲斐がありましたよ。

アラビックコーヒーを飲みながら、しばらく寛いでいました。

f:id:nodame79:20200110234037j:image

事前の説明では、制限時間45分となっていましたが、時間に縛りはなく自由に過ごす事が出来ました。

結局、1時間以上展望台の景色を楽しみました。

世界最大の噴水ショー、ドバイファウンテンもバッチリ見れましたよ。

f:id:nodame79:20200110221101j:image

YouTubeにも動画をUPしました。

ちなみに、124階からの景色はこんな感じです。

あまりにも人が多く、ゆっくりすることは出来ませんでした。
f:id:nodame79:20200110221919j:image

夜景は、正直124階からの方が綺麗でしたよ。

夜景は、高ければ良いってものではありませんね。

まとめ:ブルジュ・ハリファ」からの景色は、絶景

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20200109182858.jpg

世界一高い「ブルジュ・ハリファ」からの景色は、絶景でした。

ドバイに行くなら、絶対に見ておくべき景色です。

展望台に登る時間帯は、日没前後の一択で決まりです。

是非、昼と夜の景色を楽しんでください。

一生忘れられない光景になるはずですよ。

せっかくなので、148階のAT THE TOP SKYの展望台から見る事をおすすめします。

コーヒー・デーツを楽しみながら優雅なひとときを過ごしてみては、いかがでしょうか。

【スポンサーリンク】

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる