38歳無職 5社目の転職活動奮闘記 とその後

まさか会社が倒産するなんて。。。自分は今後どう生きていきたいのか?38歳で無職になった、その後の人生について

【スポンサーリンク】

通り魔にあった話。怪しい人物を見かけたら、直ぐに警察に連絡しよう


 

f:id:nodame79:20190615192403j:image

昨夜、終電まで楽しく飲んで家に帰ってきたんですが。。。


駅から歩いて帰る途中、通り魔にあいました。。

 

時刻は、午前1時頃。終電まで飲んでいたこともあり最寄り駅に着くと、わたし以外の人はほとんどいませんでした。

 

自宅に帰るには、2つのルートがあります。少し遠まわりになるけど明るい道、もうひとつは近いけど街灯も無く人も通らない道です。

 

普段なら明るい道を選んで帰宅するのですが、昨日はかなり酔っていました。1分でも早く自宅に帰りたい!という思いがあり、近道をすることにします。

 

街灯が全く無く、暗い道です。

 

酔ってたこともあり、鼻歌を歌いながら自宅を目指していました。

【スポンサーリンク】

 

駅から少し歩くと、自販機があります。そこに、一人の外国人を発見しました。しかし、様子がちょっとおかしい。

 

おらぁ〜!

クソが〜!!

 

暴言を吐きながら、自動販売機を殴ったり蹴ったりしているではありませんか。

 

全力で自動販売機を殴っているので、物凄い音が聞こえてきます。

 

ボコっ!ボコっ!!

ガタンッ!!!

 

ちっ!何やってんだよ!!辞めろよ!!

心の中で叫びます。

 

実際に声をかける勇気はありません。絡まれたら、たまったもんじゃありませんからね。

 

しかし、辞めさせたい気持ちもあり、外国人を横目にチラチラ見ながら通りすぎます。通り過ぎた後も、何度も振り返りながら彼の様子を見ていました。

 

嫌なもの見ちゃったなぁ〜。警察に連絡した方が良いよな?と思いながら自宅を目指します。

 

自販機から15メートル程過ぎたあたりでしょうか。先程の外国人の声が聞こえてきました。

 

おいっ!

何見てるんだよ〜っ!!

さっきからジロジロ見やがって〜っ!!!

 

!!!

 

周りを見渡しても、わたし以外に誰もいません。。完全に、自分に発せられた言葉です。

 

振り返って確認してみると、

 

おめぇだよ!おめぇ!!!

 

と言いながら、すでにわたしを追いかけて来ているではありませんか。。


外国人は、完全にラリっていました。

奇声をあげながら、走り迫ってきます。

 

サスペリアーっ!!

 

皆殺しだぁーっ!!!

 

よくわからない事を叫んでいます。

しかもよく見ると、右手にナイフをかざしています。

 

やばいっ!殺されるかもしれない。。。

人生で始めて、死を覚悟しました。

 

一気に酔いも覚め、全力で逃げます。

 

自宅までは、500m程でしょうか。

果たして逃げきれるのか?

 

わたしは85キロを超えるデブなんです。。

 

しかし、逃げきらなければならない。

捕まったら完全にヤラレる。。

 

何も考えず、全力で走って逃げます。

 

しかし、あまりの恐怖で足がもつれて途中転んでしまいました。

 

外国人との距離は5mもありません。

人間とは思えない表情をしています。

しかも右手にはナイフを持っており、今にも刺しかかってくる勢いです。

 

恐怖のあまり腰が抜けそうになりましたが、なんとか起き上がります。手足が血だらけになりながら、全力で逃げます。

 

死が目の前に迫っていると、信じられないパワーが出るものなんですね。奇跡的にも逃げ切り、自宅にたどり着く事が出来ました。


自宅に帰ると、妻が起きて待っていてくれました。わたしの姿を見て、普通ではないことに気が付きます。直ぐに、警察に連絡をしてくれました。

 

わたしの身体を確認すると、キズだらけでおでこ・膝・肘・手のひらから大量の血が出ていたんです。転んだ時のキズが、かなり酷かったようです。

 

逃げている時は、怪我など全く気づかない程、切羽詰まった状況だったんですね。自宅に帰ってから、かなりの痛みに気が付きます。

 

警察は、夜中にも関わらず直ぐに来てくれました。連絡後、2.3分で自宅まで来てくれたんです。

 

事情を話すと、明け方まで自宅周辺を警備してくれることになりました。警察官って、素晴らしい仕事ですね。警察官がいるだけで、気持ちがホッと和らぎます。

 

朝方まで警備をしてもらいましたが、何事も無く一夜を明かす事が出来ました。先程、自宅周辺の安全を確認してもらい、警察の方は帰っていかれました。

 

まさか、自分が通り魔に会うとは。。

 

人生、何が起こるかわからないものです。

昨日は、物凄い経験をしてしまいました。

 

みなさん、夜道には充分注意して下さい!!

 

もし怪しい人を見たら、直ぐに警察に連絡をして下さい!GPSで場所を確認し、危険な状況の場合は直ぐに助けに来てくれるようです。

【スポンサーリンク】
 

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。 はてなブログの方は、読者登録お願いします。