38歳無職 5社目の転職活動奮闘記 とその後

まさか会社が倒産するなんて。。。自分は今後どう生きていきたいのか?38歳で無職になった、その後の人生について

【スポンサーリンク】

転職にはリスクが付きもの!年収が4分の1?転職失敗者の体験談が悲痛過ぎる

f:id:nodame79:20190314213727j:image

 

どうも。39歳 のだめです。

本日は転職のリスクについて書いていきます。

せっかく転職が決まって、新しい職場でバリバリ働くぜっ!そう思っていたのに、実際働き始めると求人票と勤務実態が全然違う。。

あー、騙されたぁー。。ということが、頻繁に起こっているようです。

日本の転職率

転職が、当たり前になりつつある現代の日本。サラリーマン生活で、一度も転職せずに定年を迎える人は32%しかいないようです。少し前までは、終身雇用があたり前だったのに。時代は変わっていくのですね。

転職経験がない人は、20代前半の段階で70%を切っています。30代後半では42%、40代では38%、50代前半で36%まで下がります。

定年を60歳とすると、その直前の50代後半まで、転職なしで勤め続けている人は32%しかいません。つまり、最初に正社員で就職しても、定年時まで勤め続ける男性は、3人に1人の割合なのです

引用定年まで同じ会社で働き続ける男性は32%、女性は6.5% - シニアガイド

今は、3人に一人は転職を経験しているようです。わたしの周りでも、転職を経験している人は数多くいます。漏れなく、わたしも転職経験者です。

しかも、30代にして4度の転職を経験しております。わたしは、転職のベテランです。。

転職は悪いイメージ?

少し前の時代ですと、転職は悪!みたいなマイナスのイメージがありました。わたしのように、職を転々としている人間は、社会不適合者と見なされ生きづらい世の中だったかもしれません。現代に生まれてこれて、良かったと思っています。

正直、転職4回は仕事を変わりすぎだと思うので、少し反省していますが。。

 

だがしかし、

 

求人詐欺にあってしまったら、転職を繰り返してしまうのも仕方ないですよね?求人詐欺とは、採用時の話と、実際の勤務形態が全く違うことです。

わたしは、一度だけでなく二度も求人詐欺に遭っています。会社に騙されてしまった自分が情け無い。。

求人詐欺

転職が当たり前になった現代では、わたしと同じように会社に騙されて入社してしまう人も多いようです。

「転職サイトに記載された情報はほとんどが嘘っぱちであることに気付かされた」

引用:転職失敗者の体験談「スパイ扱いされて3年間社内ニート」「年収が4分の1」「残業が少ないはずなのにサビ残が待ち受けていた」 | キャリコネニュース

「転職サイトに記載された情報はほとんどが嘘っぱちである」というのは、よくある話です。求人詐欺は、転職あるあのですよね。

しかし、騙されて入社してしまった人たちの声は悲惨なものです。

  • 年収が4分の1に激減(ボーナスの支給がない)
  • 残業が少ないはずが、毎月60時間以上のサビ残が待ち受けていた
  • 正社員募集のはずが契約社員として時給労働させられている
  • 子会社に転職したら、スパイ扱いされて窓際族に。。

かなりの多くの方が、求人詐欺に遭われているようです。求人内容と実際の勤務形態が違うことは、よくあることだとは思います。

しかし、ボーナスの支給が無かったり、正社員採用のはずが契約社員として働かされたりするのは酷いものですね。

まとめ

今は転職が当たり前の時代になってきました。転職のCMを見ない日がない程、転職は日常的なことになりつつあります。

 

転職は、人生を変える事が出来るチャンスだと思います。しかし、転職にはやはりリスクがある。というのも常に頭に入れおいた方が良いと感じています。

 

転職活動をする際は、求人詐欺に遭わないようにしっかりと企業を選びたいものですね。

www.nodame79.com

 

MIIDAS(ミイダス)探す転職から探される転職へ!

↓読者登録して頂けると、大変喜びます。