38歳無職 5社目の転職活動奮闘記 とその後

まさか会社が倒産するなんて。。。自分は今後どう生きていきたいのか?38歳で無職になった、その後の人生について

【スポンサーリンク】

零細企業の2019年夏季ボーナス 転職して1年経過 初の満額ボーナス貰えたよ

 

f:id:nodame79:20190710195754j:image

サラリーマンの最大の楽しみといえば、ボーナスですよね?ボーナスの為に、正社員で頑張っている!という方も多いのではないでしょうか?

わたしはボーナス時期になると、ソワソワして仕事にならない程です。

38歳で無職になった私は、昨年7月に零細企業に転職しました。零細企業って、ちゃんとボーナス支払われるの?とかなり不安に思いながら転職したことを思い出します。

そんな不安の中、本日 初の満額ボーナスの支給日となりました。果たして、零細企業の夏のボーナスとは?

【スポンサーリンク】
 

2019年夏のボーナスの平均

2019年夏のボーナス平均支給額は、大企業83万9844円(前年比0.37%減)中小企業32万4636円(前年比6%増)だったようです。

大企業と中小企業の格差に愕然とします。大企業は、やはり恵まれていますね。大企業の夏のボーナス平均が、83万円とは驚きます。羨ましい限りです。

【スポンサーリンク】
 

国家公務員の夏のボーナス

国家公務員の2019年夏のボーナス平均支給額は、67万9100円でした。昨夏より約2万6500円増え、7年連続のプラスとなったようです。

大企業のボーナスが減っているにも関わらず、公務員のボーナスは上がっています。公務員はやはり安定していますね。

あぁー、公務員になりたかったな。。。

【スポンサーリンク】
 

ボーナス支給率

独立行政法人統計センターの「毎月勤労統計調査」によると、夏にボーナスを支給した会社の割合は69.4%のようです。

ボーナスが無い会社が、30%もあるんですね。ボーナスは貰えてあたりまえ!そんな考えは、もう一般的では無いのかもしれません。

ボーナスが支給されることは、有難いことだと再認識させられます。

【スポンサーリンク】
 

わたしが勤務する零細企業の2019年夏のボーナス

わたしは、昨年7月に零細企業に転職しました。零細企業に対するイメージは、あまり良いとは言えません。

安月給でブラック企業が多そう。

給料未払いが起こりそう。

ボーナスなんて、まともに支給されないでしょ?

などなど。わたしも転職を決める時は、もの凄く不安な気持ちが強かったです。

 

しかし、本日無事にボーナスが支給さました。ということで、本日は零細企業のボーナスを、晒しちゃいます!

これが、零細企業のボーナスだっ!!!

f:id:nodame79:20190710220540j:image

零細企業の夏のボーナスは、40万円!でした。年齢からすればかなり少ないボーナスですが、個人的には大満足です。とりあえず、ボーナスが支給されたことにホッとしています。

社員数名の零細企業でも、ボーナスをしっかり支給してくれる会社もあるんです。

【スポンサーリンク】
 

まとめ

零細企業は、ボーナスは支給されるのか?という不安な気持ちが正直ありました。しかし、本日ボーナスをしっかり受け取り、ホッとしています。零細企業でも、賞与をしっかり支給してくれる会社は存在するんですね。

 

年齢を考えると、かなり少ないボーナス額です。しかし、ボーナスが支給さない会社もある中、しっかりと夏季賞与が貰えたことを嬉しく思っています。転職して1年経過し、モチベーションが下がり始めてた時のボーナスは有難いですね。

 

零細企業のボーナスは、業績より振り幅が大きいようです。次回冬のボーナスも貰えるように、しっかりと仕事と向き合っていきたいと思います。

 

皆さん、夏のボーナスはいくらでしたか?

                                       【スポンサーリンク】
 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。 はてなブログの方は、読者登録お願いします。