38歳無職 5社目の転職活動奮闘記 とその後

まさか会社が倒産するなんて。。。自分は今後どう生きていきたいのか?38歳で無職になった、その後の人生について

【スポンサーリンク】

【職業訓練校の授業スピード】学校の授業についていけない人はいる?

 

f:id:nodame79:20191126184047j:image

終身雇用制度が崩壊しつつある現在では、職を失うことは珍しいことではなくなってきました。倒産・リストラなどが当たり前になり、誰でも無職になってしまう可能性があるのです。

 

実際にわたしも倒産を経験し、38歳で無職になってしまいましたし。。

www.nodame79.com

職を失ってしまった時、選択肢のひとつとして挙がるのが職業訓練校です。職業訓練校は、失業手当を貰いながら専門スキルを身につける事が出来る夢のような学校です。

 

いざ訓練校に通うと思っても、勉強が苦手だけど大丈夫?授業についていけなかったらどうしよう?という不安が出てきます。職業訓練校に通う前は、誰もが不安になるものなんですよね。

 

本記事では、そんな不安を少しでも軽減出来るよう、職業訓練校の授業スピードについて実体験を記していきます。

本記事の内容

①職業訓練校の授業のスピード

②授業についていけなくなる人の特徴

③授業についていけなくなってしまった時の対処法

職業訓練校でスキルを磨き、希望の職に就いて明るい未来を掴み取りましょう!この記事が、職業訓練校に通おうか検討している方の参考になれば幸いです。

【スポンサーリンク】
 

職業訓練校の授業スピード

職業訓練校の授業スピードは、正直早いです。わたしが通っていた職業訓練校は、3ヵ月間でパソコン上級者を目指す学校でした。Word・Excel・PowerPointに加え、Access・HTMLを学びます。

 

しかも職業訓練校では、パソコン以外の授業も3分の1程度あるのです。パソコンを学べる時間は、実質2ヵ月程しかないという状況でした。短期間でスキルを身につけ、就職をさせる事が職業訓練校の最大の目的ですからね。

 

1教科につき250ページ程のテキストが2冊。山積みにされたテキストを手にした時は、大丈夫か?と不安になったものです。

 

職業訓練校の授業は、凄いスピードで進んでいきますよ。

授業についていけない人はいるの?

職業訓練校の授業は、物凄いスピードで進んでいきます。しかし、安心して下さい。学校を休まず出席し、授業をしっかり聞いていれば、授業についていけなくなることはほとんどありません。

 

しかし、クラスメイトの中には授業についていけなくなってしまった人も実際には存在しました。全体の1割程度くらいでしょうか?授業についていけなくなると、訓練校に行くのが苦痛になってしまいます。

 

楽しいはずの職業訓練校が、辛い場所になってしまうのは悲しいですね。

【スポンサーリンク】
 

授業についていけない人の特徴

授業についていけない人の特徴は、3パターン考えられます。真面目に休まずに学校に行けば、授業についていけるはずなんですけどね。

【授業についていけない人の特徴】

①欠席が多い人

②授業を聞いていない人

③質問をしない人

①欠席が多い人

職業訓練校は、休まずに毎日行くことが基本です。各科目ごとの出席率が8割を下回ってしまうと、強制的に退校させられてしまいます。

 

しかし、3ヵ月間一度も休まなかった人は、数える程しかいませんでした。3ヵ月間の学校生活では、体調不良・家族の病気・転職活動などで学校を休んでしまう事があります。

 

1日休むだけなら、まだなんとか授業についていく事が出来ます。問題は、2日以上連続で休んでしまった時です。テキストは、2日間で100ページ以上進んでしまいますからね。

 

一度学校を休んでしまうと、気が抜けて連続して休んでしまう人もいました。職業訓練校は、なるべく休まずに通いましょう。

②授業を聞いていない人

クラスメイトの中には、授業を聞いていない人もいました。サボってる訳では無く、講師の話を聞かずテキストをひたすら読んでいたのです。

 

パソコンの授業では、テキストを読んでもはっきり言って無駄です。本を読んで理解出来るなら、独学で充分ですからね。テキストは、復習する時に読むものです。

 

授業中は講師の話をしっかりと聞き、操作方法を覚えるようにしましょう。パソコンは、手を動かさないと覚えることは出来ません。

③質問をしない人

職業訓練校の授業は、物凄いスピードで進んでいきます。授業をしっかりと聞いていても、わからなくなる時が必ずあると思います。

 

そんな時は、正直にわかりません!と言うことが大切です。講師の方も生徒の反応を見て、授業スピードを調整してくれます。

 

一番最悪なのは、わかったフリをする事です。理解しないまま次に進んでしまうと、さらに訳がわからなくなってしまいます。

 

実際にクラスメイトの中には、理解していないのに質問をしない人がいました。その人は授業についていく事が出来ず、学校を休みがちになってしまっていました。何しに職業訓練校に通っているんだ?と思ってしまいます。

 

訓練校での貴重な時間を無駄にしない為にも、わからない点はしっかりと質問しましょう。

【スポンサーリンク】
 

授業についていけなくなってしまった時の対処法

真面目に授業に参加し、質問をしていても授業中には理解出来ない事が出てきてしまうかもしれません。もし授業についていけなくなってしまったら、直ぐに対処する事が重要です。

【授業についていけなくなってしまった時の対処法】

①講師・クラスメイトに助けを求める

②復習をしっかりする

③予習をする

①講師・クラスメイトに助けを求める

授業についていけなくなってしまったら、恥を忍んで助けを求めましょう。講師の方はもちろん、クラスメイトも助けてくれるはずです。

 

わたしが通っていたクラスでは、わからない人がいたらみんなで教えてあげる!という雰囲気になっていました。

 

授業についていけていないからと言って、馬鹿にしたり文句を言ったりする人はいないはずです。

 

授業がわからなかった時点で周りに助けを求めると、きっとみんなが助けてくれるはずです。

②復習をしっかりする

職業訓練校の授業スピードについていくには、復習も必要です。わたしも自宅に帰ってから、苦手な分野は復習をしていました。復習してもわからなければ、翌日に質問しても良いですからね。

 

もしパソコンを持っていない方がいれば、中古で良いのでパソコンを購入する事をお勧めします。わたしが通っていたクラスでも、皆さんパソコンを購入していました。自宅にパソコンがないと、復習のしようがありませんからね。

③予習をする

訓練校のスピードにどうしてもついていけない場合は、予習をやってみてはいかがでしょうか?基本的にパソコンコースでは、予習はしなくて良い!という方針になっていました。

 

講師の方は、授業時間内に理解させるのが講師の仕事だとおっしゃっていました。しかし、本当に授業がわからないのであれば、テキストを事前に読んで知識を先に入れておきましょう!

 

学生時代と同じで、予習をしっかりやっておけば授業での理解度はグッとあがるはずです。

【スポンサーリンク】
 

まとめ

職業訓練校の授業スピードは、想像以上に早いです。しかし、毎日休まずに学校に通っていれば授業がさっぱりわからない、、という状態にはならないはずです。困っていれば、みんなが助けてくれますからね。

 

長いようであっという間に終わってしまう職業訓練校。貴重な時間を無駄にしないように、授業にはしっかりとついていきたいですね。

 

大人な学校は、想像以上に楽しい場所です。苦痛な場所になってしまう前に、しっかりと対処して下さいね。

【スポンサーリンク】
 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。 はてなブログの方は、読者登録お願いします。