38歳無職 5社目の転職活動奮闘記 とその後

まさか会社が倒産するなんて。。。自分は今後どう生きていきたいのか?38歳で無職になった、その後の人生について

【スポンサーリンク】

職業訓練校のランチ事情。お昼休みの過ごし方について

 

どうも。39歳 のだめです。

f:id:nodame79:20181226123155j:image

本日は、職業訓練校のお昼休みについて書いていきます。

【スポンサーリンク】

?

職業訓練校に通おうと思った時、疑問のひとつにお昼ご飯はどうしたらよいのか?というものがありました。食堂ってあるの?お弁当持っていくの?それとも外食?学校に通う前は、他の人たちはどうしているのか気になっていましたが、なかなか情報が無い。。そこで今回、3ヶ月間職業訓練校に通った経験から、職業訓練校のお昼事情について詳しく説明していきたいと思います。

お昼休みの時間

わたしが通っていた職業訓練校では、12時20分から13時10分までがお昼休憩になっていました。時間は50分。会社だと1時間休憩のところが多いと思うので、少し短い気がしました。

ちなみに、1日の時間割はこんな感じです。

f:id:nodame79:20190116223804j:image

1日のスケジュールは、午前中3時間・お昼・午後3時間の授業になっていました。お昼ご飯を食べた後の授業が、眠くて眠くてしんどかったなぁ。。

お昼ご飯を食べる場所

職業訓練校によって様々だと思いますが、わたしが通っていた学校では授業を受ける部屋と同じ場所でお昼ご飯を食べていました。

食堂がある学校もあるようですが、私の学校では教室があるだけで他には何もありませんでした。

実際の教室はこんな感じ↓

f:id:nodame79:20190119090728j:image

お昼当番

職業訓練校には、お昼当番なるものもありました。1日交代で、順番に当番が回ってきます。自分の番が回ってくると「ポットちゃん」という、キモかわいいキャラクターが席に置かれます。

f:id:nodame79:20190119091446j:image

クラスが20人でしたので、1ヶ月に1回程お昼当番をすることになっていました。お昼当番と聞くと、えっ?めんどくさっ!!って思われるかもしれませんが、やる事はひとつだけです。ポットに水を入れ、お昼休みまでにお湯を沸かしておくこと。ただこれだけでした。

カップラーメンを食べるには、お湯は欠かせませんからね。匂いが充満しますが、皆さんあまり気にせず食べていました。

お弁当持っていく?外食?

学校初日は、お弁当を持ってきてる方はごく少数でした。みんなどうして良いかわからなかったんだと思います。初日からお弁当を持って来てた方は、以前にも職業訓練校に通われたことのある人でした。

2日目からは、事情がわかったからなのかお弁当を持参する方がほとんどでした。皆さま無職なので、節約しようと思っている方が多かったと思います。私も2日目からはお弁当派になりました。

疲れている時はコンビニか外食でしたが、ほぼほぼ毎日お弁当を持っていっていました。弁当男子って、少し憧れていたんですよね。一度作ると、楽しくなってきますし。あー、毎日写真撮っておけば良かったなと少し後悔しています。

お昼休憩の過ごし方?

毎日一人で外食に行く人。静かに本を読んでいる人。グループを作ってワイワイ楽しそうにしている人。お弁当を見せ合いながら、おかずを交換して食べてる人。

お昼休みの過ごし方はひとそれぞれでした。

職業訓練校は、大人の学校です。

みんなとワイワイ喋るのが好きな人、人付き合いが苦手でおとなしい人、誰とでも上手く付き合っていける人。本当に様々な人が集まってくるのが、職業訓練校です。小学校とか、中学校をイメージしてもらえれば良いかなと思います。ただ、皆さん良い大人なのでちょうど良いバランスをとってくれます。

ひとりになりたい人は、そっとしておいてもらえますし。お昼休憩なので、そんなに気を使わずに過ごしたいですからね。皆さん、自由に過ごされていました。

まとめ

今回は職業訓練校のランチ事情について書いてみました。卒業してからしばらく経ちますが、懐かしいなぁ。もう一度職業訓練校通いたいなぁという思いが込み上げてきました。

わたしにとってお昼休みは、クラスメイトといろいろ話が出来る貴重な時間でした。授業中は、もちろん私語禁止ですからね。みんなとお弁当を見せ合いながら過ごした時間は、本当に楽しい時間でした。

桜が綺麗な時期でしたので、近くの公園で桜を見ながらお弁当を食べた事はずっと忘れないと思います。本当に楽しかったな。みんな元気にしてるかな?

今後、職業訓練校に通おうと思われてる方の参考になればなと思います。

【スポンサーリンク】
 

↓読者登録して頂けると、大変喜びます。