38歳無職 5社目の転職活動奮闘記 とその後

まさか会社が倒産するなんて。。。自分は今後どう生きていきたいのか?38歳で無職になった、その後の人生について

【スポンサーリンク】

年間休日106日は少ない?企業の平均休日日数を調べてみた

【スポンサーリンク】

 

どうも。39歳 のだめです。

f:id:nodame79:20190216135631j:image

5社目の会社に勤め始めてから、7ヶ月程が経過しました。最近感じているのは、年間休日が少ないと、やっぱりちょっとしんどいなぁーということです。

わたしが勤めている会社の年間休日は、106日です。労働基準法で定められている最低年間休日は、105日。

※1日8時間労働の企業では、105日より休みが少ないと労働基準法違反になります。

転職活動をしていた時は、毎週の休みは最低限あれば問題ないと思っていました。が、実際に働いてみると週に1日しか休みが無いと、疲れがなかなか取れません。

遊びに出かけよう!という気持ちにもなかなかなれず、休みの日は家でダラダラして終わってしまうことが多いです。やっぱり週に2日休みが欲しいと言うのが本音です。

わたしが今回の転職で重視したのは、年間休日の日数よりも長期連休があるかどうかという点でした。10年間勤めていた会社(倒産した会社)は、毎週土日休みでしたが長期連休が無い会社だったんです。

せっかく頑張って働いているんだから、やっぱり定期的に海外旅行に行きたい!という思いが強くあったんですよね。それで連休のある今の会社を選びました。

ゴールデンウィーク・お盆・年末年始の休みは10連休が貰えます。この長期連休は、やはりありがたいです。行こうと思えば、世界中どこにでも行けちゃいますからね。

が、その連休の反動で土曜日の出勤がめちゃくちゃ多い。正月休み後の先月は、4週連続で土曜日出勤が有り日曜日だけのお休みでした。週1日の休みが1ヶ月続くと、疲れが全然取れません。。

休みが多い会社を探せばよかったかなぁー、とたまに思ったりしちゃいます。

みんなは、いったいどれぐらい働いているのかな?平均的な休日日数って何日なんだろう?と少し気になったので、今回調べてみました。

年間休日日数の平均

調べた結果によると、日本企業の年間休日 平均日数は113.7日のようです。

106日ってやっぱり少ないんですね。。。

また、会社の規模によっても年間休日日数は、大きな差があることがわかりました。

会社規模別の年間休日

・1000人以上:114.9日

・300~999人:112.5日

・100~299人:110.5日

・30~99人:106.4日

参照:厚生労働省「平成30年就労条件総合調査」

「会社規模が大きくなるほど、年間休日数も多くなる」という傾向があるようです。やはり、大きな会社の方が環境が恵まれていますね。

わたしの会社は零細企業なので、年間休日が106日は妥当のようです。。

年間休日120日以上の会社

年間休日が120日以上ある会社の割合を見ると23.8%でした。

こちらも会社規模別に割合を見てみます。

・1000人以上:40.4%

・300~999人:36.1%

・100~299人:29.9%

・30~99人:21.8%

参照:厚生労働省「平成30年就労条件総合調査」

会社規模によって開きが生じています。大企業勤めの人が羨ましい。

まとめ

120日以上休める会社は理想的ですが、就職するにはハードルが高そうです。まして、アラフォーの転職活動になると、休日に恵まれている会社に入社するのは難しいように思います。

今回は、少し愚痴っぽくなってしまいました。しかし、今回の転職に後悔はありません。週1日の休みはしんどいですが、長期連休の魅力は大きいです。

全ての願いを叶えることは、不可能ですからね。無いものネダリになってしまいます。

次の長期連休は、ゴールデンウィークです。その休みまで、ちょいちょい愚痴りながら頑張って働いていきたいと思います。

でもやっぱり、休日日数って大事ですよね。現実的には不可能ですが、年間休日130日とかの会社で働いてみたいものです。

MIIDAS(ミイダス)探す転職から探される転職へ!

↓読者登録して頂けると、大変喜びます。