38歳無職 5社目の転職活動奮闘記 とその後

まさか会社が倒産するなんて。。。自分は今後どう生きていきたいのか?38歳で無職になった、その後の人生について

【スポンサーリンク】

職業訓練校の厳しい校則について。退校させられない為に注意すべき点

 

f:id:nodame79:20190130211211j:image

本日は、職業訓練校の決まり事「校則」について書いていきます。

職業訓練校は、無職の大人が通う学校です。しっかりした大人が通う学校ですが、校則として決まりごとがいくつかありました。公的な機関とあって、かなり厳しいルールが敷いてあります。最悪、退校させられてしまうことも。。

えっ、校則なんてあるの?と驚きましたが、学校なのでルールがあるのは当たり前ですよね。入学式の時に、「校則」と書かれた紙を渡されました。A4用紙5枚程にもなり、かなり細かなルールがありました。

今回は実際に配られた校則の中から、抜粋して紹介していきたいと思います。

訓練生たる者

まず、こんな文章から始まります。

----------------------------------------------------

訓練生は、職業に必要な知識・技能・技術の習得に努めるとともに、教育施設の規則及び教育訓練指導員の指示事項を守り、他人に決して迷惑をかけないこと。

-----------------------------------------------------

決して迷惑をかけないこと!過去に問題でもあったんでしょうか?みんな、勉強をする為に学校に通うので、迷惑なんてかけませんよね。

細かいルールの詳細については、A4用紙5ページにわたって書かれています。

授業について

・授業時間は、特別な場合を除き下記のとおりとする。

f:id:nodame79:20190130211703j:image
・決められた登下校時間を守ること

・出席簿の押印は授業開始前に行う事

・遅刻、早退または欠席をしないで訓練に専念すること

・やむを得ず遅刻・早退または欠席をする場合は、所定の書類に記入し担当講師まで届け出ること

・授業時間に授業以外の学習はしないこと。

・授業中の飲食は禁止とする。また休憩時間は飲料のみとする(お菓子は持参しない)

※授業は、朝9時30分から夕方16時までです。みっちり勉強する日々が、3ヶ月間続きます。勉強慣れしていない大人にとっては、なかなかしんどい毎日を送ることになります。

また、お菓子を持っていくのはダメなんですね。仕事している時は、おやつが楽しみだったのに。。まぁ、皆さん隠れて持って来ていましたけどね。

服装・態度について

・服装は質素で清潔なものを着用すること

・訓練生として、品位ある行動を心がけ、風紀または秩序を乱す行為をしないこと。

・携帯電話等の使用マナーを守ること。(授業中は携帯電話使用を禁止)

・施設内は全面禁煙とする

・教室等の環境整備美化に努め、ゴミは各自で持ち帰ること。

・教室トイレ等の電灯の節電に努めること。

・暴力行為は、絶対にしないこと。

・訓練生間の金銭の貸し借り及び物品等の販売は、絶対にしないこと。

・訓練機器等は、指導員の指示により取り扱い、許可なしで施設外に持ち出さないこと

・私物は教室に置かないこと(座布団・ひざ掛けのみ可)

※服装についても指摘されるとは、意外でした。ベテラン講師に後から聞いた話ですが、女性でかなりの露出をされているセクシーな生徒がいたそうです。クラスの中で、色恋沙汰がありトラブルが起きた事があるのだとか。職業訓練校は、出会いの場でもあるんですね。

トラブルに巻き込まれないように、目立たない服装で登校しましょう!

授業時間外について

 ・クラスでの飲み会等の集まりは禁止とする。

・訓練中、訓練終了後、講師との個人的な連絡はお断りします

・職業安定所長の受講指示による訓練生は、教育施設担当の指示する日時等を厳守し雇用保険関係書類を提出すること

・教育訓練機関の施設、設備、物品等を故意または重大な過失により破損又は紛失した時はその損害を弁償すること。

※飲み会が、校則として禁止されている事に驚きました。飲み会についても、過去にトラブルがあったようです。

わたしは、学校にバレないように何度か飲みに行っていました。夕方16時頃から飲むお酒は、最高に美味しかったんですよね。飲み会をやる時は、学校に見つからないようにしましょう!

退校処分

次のいずれかに該当する場合は「退校」または「受講打ち切り」を命じられることがあります。

・教育施設の秩序を乱し、訓練生としての本分を失したとき

・故意に施設、設備等を破損したり物品を紛失又は許可なく施設外に持ち出した時

・出席時間が学科及び実技の訓練時間のそれぞれ8割に満たなくなると確定した時

・修了認定試験に不合格になった時

・無断欠勤が3日以上継続し、訓練施設担当者の指示する事項等に回答せず、欠席が継続した場合

・その他訓練生として不適切と認められる場合

※職業訓練校で一番気をつけないといけないのが、退校処分です。せっかくお金を貰いながら勉強出来ているのに、退校なんてさせられたら洒落になりません。学校には、真面目に通いましょう!

気をつけなければいけないのが、出席を8割以上しないとダメな点です。受講科目毎に、8割以上となっているのでなかなか大変です。科目によっては、2日間しかない授業もあるので絶対に休めません。欠席に関しては、容赦ありませんので、気をつけて下さい!

まとめ

今回は、職業訓練校の校則について書いてみました。税金でまかなわれている学校とあって、決められたルールはかなり厳しかったです。遊び半分で、職業訓練校を利用するつもりなら辞めておいた方が良いと思います。

また、真面目に通ってても退校処分があるのはなかなか厳しいですね。風邪など引かないように、体調管理もしっかりとしなければなりません。

ちなみにわたしは、ほぼ皆勤賞でした。一度だけ、面接で欠席してしまいましたが。

たった一日でも授業を休んでしまうと、勉強が追いつかないのでなかなか苦労します。職業訓練校の授業は、かなりのハイスピードで学習していくことになります。休んでしまうと、後悔しますので毎日ちゃんと学校に通うことをお勧めします。クラスメイトも、皆さんほぼほぼ皆勤賞でした。

今回は、職業訓練校の校則について書いてみました。正直、かなり厳しいルールがありました。しかし、通ってみると物凄く楽しい学校でしたよ。

今回の記事が、職業訓練校に通おうか検討されている方の参考になれば幸いです。

【スポンサーリンク】
 

↓読者登録して頂けると、大変喜びます。