38歳無職 5社目の転職活動奮闘記 とその後

まさか会社が倒産するなんて。。。自分は今後どう生きていきたいのか?38歳で無職になった、その後の人生について

【スポンサーリンク】

【職業訓練校の就職支援】職業訓練校へ通うと就職に有利?不利??

 

f:id:nodame79:20191123173833j:image

職業訓練校は、失業保険を貰いながら専門スキルを身につける事が出来る素晴らしい学校です。

しかし、職業訓練校に通うことで職歴にブランク期間ができてしまう事になります。残念ながら日本の社会では、職歴の空白期間が長くなるとマイナスの評価をされてしまうんですよね。

 

職業訓練校はメリットが沢山ありますが、職歴に空白期間ができてしまうというデメリットも存在するんです。わたしも職業訓練校に通うと決めた時、卒業後しっかりと就職出来るのか?という事が一番の不安でした。

 

しかし、安心して下さい。職業訓練校は、生徒がしっかり就職出来るように全力で就職支援をしてくれるんです。わたしも職業訓練校を卒業後、無事に就職出来ましたからね。本記事は、職業訓練校の就職支援についての体験談です。

本記事の内容

①職業訓練校の就職支援について

②職業訓練校卒業後の就職支援ついて

③職業訓練校卒業後の就職先について

この記事が、職業訓練校卒業後の不安を軽減出来ればと思います。職業訓練校に通おうか迷われている方、参考にしてみて下さいね。。

【スポンサーリンク】
 

職業訓練校の就職支援

f:id:nodame79:20191128201342j:image

職業訓練校は、失業保険を貰いながら専門スキルを身に付ける事が出来る学校です。

しかし、専門スキルだけを身に付ける学校ではありません。あくまでも最終目標は、就職する事!です。そのため職業訓練校では、就職に関する時間もかなり含まれています。

 

ちなみにわたしは、3ヵ月間パソコンの職業訓練校に通っていました。職業訓練校の詳しい授業内容は、こちらの記事をご覧ください。

職業訓練校の就職支援の授業 

f:id:nodame79:20191128201536j:image

わたしが通っていた職業訓練校では、「ワークガイダンス」という項目で就職支援の授業が行われました。

  1. 自分の強み弱みを文書にしよう!自分の就きたい仕事を考える。
  2. これまでの仕事の振り替えり。やりがいについて考える
  3. ジョブカードの作成。キャリアの棚卸しをしよう!
  4. 職務経歴書・履歴書の作成
  5. 模擬面接

就職支援の授業は、2週間に1度の頻度で全6回。朝から夕方までマルっと1日、仕事について考えさせられました。自己分析から始まり、履歴書・職務経歴書を作成し、最終的には模擬面接まで行います。

 

社会人になってから自己分析をする事になるとは思っていませんでしたよ。。しかし、じっくりと自分を見つめ直す時間は、なかなか良いものでした。

自分は何がしたいのか?何が出来るのか?仕事に何を求める?理想の働き方は?などなど自分を探る時間は貴重でした。大人になると将来をじっくりと考える時間って、なかなか作るのは難しいですからね。

就職支援の授業は、今後の人生を見つめ直す貴重な時間となりました。

キャリアコンサルティング

f:id:nodame79:20191128205039j:image

職業訓練校には、就職支援をしてくれるプロのキャリアコンサルタントが必ず在籍しています。職業訓練校は就職を最終目標としていることから、就職に関してのプロが側にいてくれるんですよね。

 

キャリアコンサルティングの時間は、1対1で個別に就職に関しての相談が出来る貴重な時間です。個別面談は、30分程〜1時間程で1ヵ月間に1度のペースで行われました。プロのキャリアアドバイザーと無料で相談出来るとは、職業訓練校ならではのサービスです。

 

わたしはこのキャリアコンサルタントと出会えた事が、職業訓練校に通った一番のメリットだったと思っています。

わたしが通っていた職業訓練校のキャリアコンサルタントは、1級キャリアコンサルティング技能士を持つ方でした。しかも、リクルートエージェントの「面接力向上セミナー」の講師も務めている方だったんです。

個別面談の時間以外でも、何度相談したことかわかりません。空いている時間には、毎回相談させて頂いていました。わたしの履歴書・職務経歴書はこのキャリアアドバイザーに作って貰ったようなものなんです。

 

職業訓練校のキャリアコンサルタントは、プロ中のプロです。キャリアコンサルタントの授業を受けるだけでも、職業訓練校に通うメリットはあると思います。

授業以外での就職支援・求人紹介

f:id:nodame79:20191128211116j:image

職業訓練校に通って1ヵ月半程すると、就職へのプレシャーを感じるようになります。就職活動日誌なるものが個別に配られ、担任との交換日誌が始まるのです。

就職活動を何もしていないと、呼び出しをされて叱咤激励を受けることとなります。否が応でも、就職活動をせざるを得ない状況に追い込まれていくんです。

 

また、頻繁に求人紹介もしてくれました。学校に行くと、求人情報が毎日張り出されていました。個別にも求人を紹介してくれて、自分では探せないような情報も提供してくれていました。

 

学校側も就職させようと必死です。就職率は、職業訓練校にとってかなり重要のようですからね。少し強引なイメージも受けましたが、学校からのプレシャーが就職活動の力にもなりました。

卒業後の就職支援

f:id:nodame79:20191128214350j:image

職業訓練校の就職支援は、卒業後も続きます。ハローワークでも、特別な就職支援を受ける事が出来るんです。ハローワークでは、職業訓練校を卒業した人限定の相談窓口が設けられているのです。

 

個別に担当者を付けて貰う事が出来、気軽に相談が出来るんです。わたしは担当者の方にかなり助けられました。就職をした今の会社は、担当者からの紹介でしたからね。卒業後もしっかりサポートしてもらえるのは、非常にありがいですね。

 

また、卒業後1ヵ月程すると職業訓練校から就職状況を確認する電話がかかってきます。まだ就職していない人には、プレッシャーをかけてくれるのです。

 

卒業後1ヵ月おきに確認の電話は続き、卒業後3ヵ月経っても就職していない人は職業訓練校に呼び出されていました。職業訓練校卒業後の就職率は、学校運営にとってかなり重要なようです。

 

このプレッシャーもあり、クラスメイトは全員無事に就職が決まったようです。職業訓練校を卒業後、就職しないという選択肢はなくなります。否が応でも働くこととなります。

職業訓練校卒業後の就職先

f:id:nodame79:20191128214518j:image

職業訓練校卒業後の就職先は様々です。訓練校で身につけたパソコンスキルを活かした仕事に就いた人は、5割程でしょうか。職業訓練校に通ったからといって、希望の職に就けるとは限りません。

 

わたしもパソコンスキルを活かす事務系の仕事を希望していましたが、希望は叶いませんでした。事務系の仕事は、人気職種とあってかなりの倍率でしたからね。。アラフォー未経験の人間を雇ってくれる会社はありませんでしたよ。

 

しかし、職業訓練校で身につけたスキルは今の仕事に活かす事が出来ています。パソコンを学ぶ事により、仕事効率が格段に上がったことに間違いはありません。

【スポンサーリンク】
 

まとめ

わたしが通っていた職業訓練校は、就職支援にかなり力を入れていました。生徒が就職出来るように、学校側も就職支援をしっかりとやってくれたんですよね。

 

職業訓練校に行く前は、ブランク期間ができてしまうことを不安に思っていました。しかし、職業訓練校はその不安を掻き消してくれる程の就職支援をしてくれました。

 

ブランク期間が空いてしまっても職業訓練校で学んだ事をアピールする事で、デメリットをメリットに変える事が出来るのです。

 

実際の転職活動でも、ブランク期間をデメリットを感じた事はありませんでした。むしろ職業訓練校での経験はプラスの評価をされ、就職においてメリットとなりましたからね。

 

職業訓練校は、とっても素晴らしい学校でした。無職になってしまった時には、職業訓練校に通ってみてはいかがでしょうか?

【スポンサーリンク】
 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。 はてなブログの方は、読者登録お願いします。