38歳無職 5社目の転職活動奮闘記 とその後

まさか会社が倒産するなんて。。。自分は今後どう生きていきたいのか?38歳で無職になった、その後の人生について

【スポンサーリンク】

文系でも営業以外に転職出来る!「文系は営業しか仕事がない」は間違いだ

 

f:id:nodame79:20200421153816j:image

文系は営業の仕事しかないって聞いたけど本当?営業から他の職種に転職することは可能なのかな?

本記事では、そんな疑問にお答えします。

 

結論、文系でも営業以外の仕事に就くことは可能です。事実、わたしは営業以外の仕事をしています。

 

本記事を読むことで、営業以外の仕事に転職する方法がわかります。

 

こんにちは、のだめです。わたしは、新卒からずっと営業の仕事をやっていました。しかし、営業のストレスに耐えられなくなり他の職種へ転職をしました。

 

現在は、物流管理の仕事をしており営業時代よりもストレスが大幅に削減されたと思っています。仕事には、やはり向き不向きがあるんですよね。

 

自分に向いていない仕事を続けても良いことはありません。ストレスで身体を壊す前に、転職することを考えましょう。

 

 

わたしと同じように、営業は嫌いだ!出来れば営業以外の仕事をしたい!そんな方に読んで頂きたいと思っています。

 

本記事が、文系だけど営業以外の仕事をしたいと思っている方の参考になれば幸いです。

【スポンサーリンク】
 

文系が営業に配属されやすい理由

f:id:nodame79:20200421153853j:image

新卒入社した会社では、文系出身者はまず営業からスタートする会社がほとんどです。

統計データでは、文系卒の約70%以上の人が、営業職に就いているという事実があります。

 

文系が営業に配属されやすい理由は、ハッキリとした専門スキルを持っていないからです。文系の人は、理系の人と違い専門スキルを持ち合わせていません。

 

理系の人は、大学時代から専門分野を研究し、そのまま会社でスキルを活かすことが出来ますからね。

 

また、社会人として必要なビジネススキルを習得させるために、営業に配属する会社も多いようです。

 

営業は、顧客とのコミュニケーション・社内外での折衝など社会人として必要なビジネススキルが自然と身に着けることが出来ますからね。

 

営業で身に着けたスキルは、どんな仕事にも活かすことが出来ます。 

【スポンサーリンク】
 

文系でも転職できる営業以外の仕事

f:id:nodame79:20200421153926j:image

文系卒の70%以上が営業をしているのは、まぎれもない事実です。

 

しかし、営業職以外への転職を諦めてはいけません。営業以外の仕事に就くことも充分に可能なんです。

 

全体の30%弱ではありますが、文系でも営業以外の仕事をしている事実がありますからね。

 

ここでは、文系でも転職出来る職業を挙げていきます。

資格を取得して営業以外に転職する

文系で営業以外の仕事を考えると、士業が一番最初に思いつく職業ではないでしょうか?

  • 弁護士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 中小企業診断士

などなど。

 

確かに営業以外の仕事ですが、誰でもなれるものではありません。どの仕事も超難関試験を突破してやっと就職出来るものです。

 

何年もの月日を勉強に充てなければなりません。転職で考えると、ちょっと現実的ではありません。

転職可能な営業以外の仕事

士業はちょっとハードルが高いですよね。ここでは、特に資格が無くても就職出来る、営業以外の仕事を考えてみました。

  • 公務員
  • 大学職職員
  • 事務職(経理・総務など)
  • 塾などの講師
  • 販売員
  • インストラクター
  • IT系(エンジニア・プログラマー)
  • 物流・製造職
  • 介護職
  • 農業

少し考えただけでも、営業以外の仕事がたくさん思い浮かべることが出来ます。

 

「文系は、営業しか仕事がない」という考えは、間違っています。自分の勝手な思い込みが、営業以外への転職を妨げているのかもしれません。

 

文系でも、営業以外の仕事に転職することは可能です。

わたしの周りでも、転職に成功し営業以外の仕事をしている人は多くいますからね。

  • 購買
  • 人事・総務
  • 経理
  • プログラマー
  • 物流管理
  • 販売員
  • 英会話講師

スタートキャリアはほとんどの人が営業でしたが、現在では様々な職種の仕事をしています。営業以外への転職は、そんなに難しいことではありません。

営業が苦手な人は早めに転職したほうが良い

f:id:nodame79:20200323191753j:plain

文系でも営業以外の仕事に転職するのは、そんなに難しいことではありません。

 

しかし、気を付けてほしいのは年齢が上がるにつれて異業種への転職は難しくなるという事です。

 

わたしは、30代後半で営業から他の職種に転職しました。経験ある営業職ではすぐに内定がもらえましたが、営業以外の仕事で内定をもらうのは大変苦労しました。 

 

もっと若いうちに営業以外の仕事に転職していれば、今より待遇の良い会社に行けたのになぁ、、、と早く転職しなかったことを後悔しています。

 

営業が嫌だと感じていれのなら、その感覚は何年経っても変わることはありません。

 

営業が嫌で嫌でしょうがないのなら、早めに転職を考えるべきです。

 

年齢が若ければ、営業以外のしごとに転職することも難しくないと思います。

www.nodame79.com

文系の転職に強い転職サイト・エージェント

f:id:nodame79:20200415231457j:image

営業以外への転職をスムーズに行うには、プロの人にサポートしてもらうことが欠かせません。

 

転職エージェントでは、履歴書の作成・職務経歴書の作成など様々なサポートをしてくれます。また、一般には公開されていない非公開求人も多数掲載されているのです。

 

転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

  

転職エージェントの利用は無料なので、いくつかの転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。転職エージェントには、自分では探すことの出来ない条件の良い求人が数多くありますよ。

 

わたしが実際に利用させてもらったサービスは、以下の3社になります。

転職エージェントにより取り扱い求人が違うので、全て登録しておくことをおすすめします。無料で利用できるので、デメリットはありません。

 

わたしは、3社のうちDODAを中心に転職活動をすすめていました。転職エージェントの中でも老舗とあって手厚いサポートを受けることが出来ましたよ。

 

営業職以外の求人は、3社のなかで一番多く掲載されていました。営業が嫌で嫌でしょうがない人にとっては、頼りになる転職エージェントです。

まとめ

f:id:nodame79:20200415231530j:image

最後に、本記事の内容をまとめます。

  • 文系は70%以上の人が営業をやっている
  • 文系が営業に配属される理由は、専門スキルがないから
  • 文系でも営業以外の仕事に転職出来る
  • 営業が苦手な人は、早めに転職した方が良い
  • アラフォーになるとキャリアチェンジには苦労する
  • 文系以外の仕事に転職するならDODAがおすすめ

 文系だからと言って、営業しか仕事がないわけではありません。営業以外の仕事は、数えきれないほど多くあります。

 

営業が苦手だと思っている人は、思い切って他の職種に転職するのも良いかもしれません。苦手な仕事を続けるよりも、得意な仕事をした方が幸福度は上がりますからね。

 

あなたの転職活動が、成功することを祈っています。

【おすすめ転職サービス】

※登録後もお金は一切かかりません。

 

【スポンサーリンク】  

このブログは「はてなブログ」で運営しています。 はてなブログの方は、読者登録お願いします。