38歳無職 5社目の転職活動奮闘記 とその後

まさか会社が倒産するなんて。。。自分は今後どう生きていきたいのか?38歳で無職になった、その後の人生について

ブラック企業の見分け方を伝授します!ブラック企業には特徴はあるの?

 

f:id:nodame79:20200201143637j:image

「ブラック企業には捕まりたくない」

「転職して今より環境が悪くなったらどうしよう?」

本記事では、そんな方に向けて【ブラック企業の見分け方】を伝授します。

 

こんにちは、のだめ(@nodame799)です。

わたしは、何度か転職を経験してきました。「今よりもっと良い条件の会社へ!」という気持ちで転職しましたが、現実は厳しいです。

 

世の中には、ブラック企業がたくさん潜んでいるんですよね。

  • 求人票・面接時の話と実情が全然違う
  • 早朝から深夜までのサービス残業
  • 上司からのパワハラ
  • 同僚からのイジメ

まさに社畜の生活をしていました。

 

こんなはずじゃなかった。。

もう二度と、ブラック企業には捕まりたくないっ!

わたしの辛い経験を他の人には、味わってほしくありません。

 

そんな思いから、本記事を書いています。転職を考えている方の参考になれば幸いです。

 

ちなみに今は、無事にブラック企業から脱出しているので安心して下さい。毎日、定時退社の幸せなサラリーマン生活を送れていますよ。

【スポンサーリンク】
 

ブラック企業とは?

f:id:nodame79:20200201161415j:image

「ブラック企業」という言葉は、2013年に新語・流行語大賞を受賞し一気に世の中に広がった言葉です。

 

ブラック企業の特徴は、一般的には以下の2点だと言われています。

【ブラック企業の特徴】

  1. 過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む企業
  2. 従業員の人権を踏みにじるような全ての行為を認識しつつも、適切な対応をせずに放置している企業

引用:ウィキペディア

残念ながら、日本にはブラック企業がゴロゴロ存在しています。

 

「ブラックマップ」を見てみると、日本の恐ろしさを思いしらされますよ。

ブラック企業の特徴

f:id:nodame79:20200201164129j:image

わたしは、実際にブラック企業での勤務経験があります。早朝から深夜までの残業が続き、心身ともにボロボロになってしまいました。

 

わたしが思う「ブラック企業の特徴」を挙げておきます。

  • 面接時の給料が支払われない
  • 基本給が最低賃金レベル
  • 残業時間が半端ない(毎月100時間を超える)
  • タイムカードを改ざんする
  • 残業代が支払われない
  • 休日出勤をしないと仕事が終わらない
  • パワハラ・セクハラが当たり前にある
  • 離職率が異常に高い
  • 常に求人を出してる
  • 有給が使えない

こんなところでしょうか?

 

働き方改革が叫ばれいますが、まだまだ多くのひとが過酷な労働環境で働かされているのが現実です。

 

生き抜く為に必死で働かないといけませんが、わたしは二度とブラック企業では働きたくありません。

求人票・面接でブラック企業を見抜ける?

f:id:nodame79:20200201164357j:image

ブラック企業に捕まらない為には、しっかりと企業を見抜く必要があります。

 

転職サイトでは、「求人票を細かくチェックしよう!」と書かれています。

 

しかし、求人票を隅々までチェックしてもブラック企業を見抜くことは出来ません。

 

求人票には、マイナスな情報は載っていないんですよね。

 

また、面接でしっかりと確認しても嘘をつかれる可能性もあります。ブラック企業では、不利になる情報は教えてくれないんです。平気で求職者を騙してきます。

 

企業の言ってることを鵜呑みにすると、痛い目にあいますよ。

ブラック企業の見分け方

f:id:nodame79:20200201172540j:image

求人票は嘘だらけ、面接でも本当のことは教えてくれない。。これがブラック企業のやり方です。

 

ブラック企業を見分けるには、自分の目で確かめるしか方法はありません。

 

  1. 面接で企業を細かくチェックする
  2. 口コミサイトをしっかり見る

 

この2つを徹底すれば、ブラック企業に捕まる可能性は低くなります。

それぞれ、詳しく見ていきます。

面接で企業をチェックするポイント

f:id:nodame79:20200201164716j:image

ブラック企業を見抜くには、面接時に会社を細かくチェックすることです。社員を大切にしていない企業には、いくつかの特徴があるんです。

 

面接時にチェックしておくべきポイントを挙げていきます。

  1. 受付が綺麗にされているか
  2. 訪問時の社員対応は丁寧か
  3. 階段が綺麗になっているか
  4. 机の上が片付いているか
  5. 予定表の帰社時間をチェック
  6. 会社の雰囲気はピリピリしていないか
  7. 張り紙・ポスターをチェック
  8. トイレが綺麗になっているか
  9. 駐車場の車をチェック
  10. 残業時間は妥当か夜会社を見に行く

 

順番にみていきます。

 

1,まずは、受付をチェック

受付が汚い会社に、良い会社はありません。

 

2.次に、社員の対応をチェック

ブラック企業では、常に人手不足の状態です。時間に余裕がないので、来客に対しても対応が適当になりがちです。

 

3.社内が綺麗に掃除されているかをチェック

掃除が行き届いていない会社は、時間に余裕がない証拠です。

 

4.デスクが綺麗に整頓されているかチェック

デスクの上が書類でぐちゃぐちゃ。。そんな状態なら、社員が時間に追われて余裕が無い証拠です。

 

5.スケジュール表をチェック

営業マンの帰社時間を確認します。直帰なら問題ありませんが、あまりに遅い帰社時間が書いてある場合は注意です。定時が18時なのに帰社時間が21時予定とか、どう考えてもおかしいですからね。

 

6.社内の雰囲気を感じとる

社内の雰囲気で、会社の状態がわかります。ピリピリしているのか?和やかな雰囲気なのか?自分に合う会社なのか判断をします。

 

7.社内のポスターをチェック

「仕事は社内にありません!」とか怪しいポスターが貼ってある場合は要注意です。

 

8.会社のトイレをチェック

できれば、トイレが綺麗かどうかも確認します。受付・階段が綺麗でも、トイレが汚いとアウトです。

 

9.駐車場の車をチェック

駐車場の車をチェックすることで、ある程度の年収を推測することができます。ボロボロの車が何台もある会社は、安月給で働かされてる可能性があります。

 

10.実際の残業時間をチェック

残業時間が、求人票と合っているかの確認をします。夜に会社に行ってみると、実態がわかります。

実際に会社に行って、張り込むのが一番手っ取り早いです。

口コミサイトをチェック

f:id:nodame79:20200201234643j:image

ブラック企業に捕まらないようにする為に、口コミサイトをしっかりと確認することも大切です。

 

口コミサイトは、「どうせ辞めたい人が書いたものでしょ?信用出来ない!」と以前までは、思っていました。

 

しかし、わたしが勤務していたブラック企業は、口コミの通りだったのですよね。今は絶対的な信頼を寄せてます。

 

 

わたしが、主に使っていたのは口コミサイトは4つです。

  1. 転職会議
  2. enLighthouse(旧:カイシャの評判)
  3. OpenWork
  4. キャリコネ

 

サイト名 会員登録 企業数 口コミ数 口コミ項目数
転職会議 必須 約17万社 300万件以上 12項目

enLighthouse

必須 記載なし 約320万件 8項目
OpenWork 必須 記載なし 約420万件 8項目
キャリコネ 必須 約62万社 記載なし 12項目

 

転職口コミサイトは「実際にその企業で働いている人」あるいは「働いたことのある人」の本音を知ることができる、貴重な情報源となります。

 

実際に働いている人の声には、耳を傾けるべきです!

まとめ

f:id:nodame79:20200202000556j:image

ブラック企業を見極めるには、しっかり情報を集めて、自分の目で企業を見分けなければなりません。

  • 実際に面接で会社をチェックする!
  • 口コミでしっかり正しい情報を集める!!

自分でしっかり判断をし、企業を選んでいくしかありません。

 

企業は、平気で嘘をついてきますからね。会社の言うことを、鵜呑みにしてはいけません。

 

また、転職エージェント経由での求人でも気を抜いてはいけません。エージェントがチェックしているから、ブラック企業は含まれていない!そんな事を耳にしますが、実際はそうでありません。

 

エージェント経由の求人であっても、ハローワークの求人であっても、しっかり情報を集めましょう!

 

最後に信じられるのは、自分だけです!

本記事が、転職活動・就職活動をしている方の参考になれば幸いです。

 

◆あなたにおすすめの記事◆

【スポンサーリンク】