38歳無職 5社目の転職活動奮闘記 とその後

まさか会社が倒産するなんて。。。自分は今後どう生きていきたいのか?38歳で無職になった、その後の人生について

【スポンサーリンク】

衛生管理者の難易度は高くない!第一種・第二種衛生管理者の合格率とは?

f:id:nodame79:20200211112958j:image

衛生管理者の資格って難しいのかな?会社から取得するように言われたけど不安だな?

 

そんな不安を解消します。

  

衛生管理者試験は合格率が50%前後と高く、国家資格の中では、難易度の低い資格となっています。

 

しっかりと勉強すれば、一発で合格することができます。不安になることはありません。

 

本記事では、衛生管理者の合格率・難易度、取得するメリットをお伝えします。

スポンサーリンク】

 

衛生管理者とは?

f:id:nodame79:20200211113017j:image

まずは、衛生管理者という資格について説明します。

 

あまり知られていないかもしれませんが、衛生管理者は50人以上の規模の企業において、とても重宝される存在なんです。

 

衛生管理者は第一種、第二種共に国家資格です。

常時50人以上の労働者を使用する事業場では、衛生管理者免許を有する者のうちから労働者数に応じ一定数以上の衛生管理者を選任し、安全衛生業務のうち、衛生に係わる技術的な事項を管理させることが必要です。

 

衛生管理者とは、「安全な会社にするために必要な人材」ということです。労働環境を良くする為の、スペシャリストですね。

 

衛生管理者の職務は、以下の5点となっています。

  1. 労働災害の防止
  2. 危害防止基準の確立
  3. 責任体制の明確化
  4. 自主的活動の促進
  5. 労働者の安全と健康の確保快適な職場環境の形成

 

また、衛生管理者の資格は2つの種類に分かれており、第一種と第二種があります。

  • 第一種衛生管理者は、業種に関係なく全ての会社で勤務することが出来ます。
  • 第二種衛生管理者は、業種に縛りがあり就業出来る場所が限られています。

受験資格

衛生管理者の受験資格は、以下のようになっています。

 

  1. 大学または高等専門学校(短大を含む)を卒業し、労働衛生の実務経験が1年以上ある
  2. 高等学校を卒業し、労働衛生の実務経験が3年以上ある。
  3. 労働衛生の実務経験が10年以上ある。

 

正直、社会人経験が3年以上あれば誰でも受験が可能です。

 

ただし、労働衛生の実務の確認として、事業者証明書が必要になってきますので注意が必要です。

 

受験したい人は、会社に証明書を発行してもらわなければなりません。

試験内容

f:id:nodame79:20200211113232j:image

第一種衛生管理者試験と第二種衛生管理者試験では、試験内容が違います。

 

試験内容は、以下のとおりです。

「第一種衛生管理者試験」全44問
  • 労働生理(10問)
  • 労働衛生・非有害業務関連(7問)
  • 労働衛生・有害業務関連(10問)
  • 労働衛生・非有害業務関連(7問) 関係法令・有害業務関連(10問)
 
「第二種衛生管理者試験」全30問
  • 労働生理(10問)
  • 労働衛生・非有害業務関連問(10問)
  • 労働衛生・非有害業務関連(10問)

 

第一種と第二種の大きな違いは、「有害物質」の問題が有るか無いかです。

 

関連記事 

【スポンサーリンク】
 

衛生管理者の合格率・難易度

f:id:nodame79:20200211113035j:image

衛生管理者の合格率は、50%前後となっています。国家資格の中では、合格率が高く難易度の低い資格です。

 

しかし、最近は出題傾向が変わりつつあり、難しくなったと感じる人が多いようです。

 

簡単な試験だからといって、甘くみてると落ちます。

スケジュールをたてて、しっかり勉強する必要があります。

第一種衛生管理者の合格率・難易度

第一衛生管理者の合格率は、45%前後となっています。第二種衛生管理者に比べて、難易度は高くなります。

  • 令和元年度:合格率46.8%(受験者68,498人うち合格者32,026人)
  • 平成30年度:合格率合格率44.2%(受験者67,080人うち合格者29,631人)

引用:公益財団法人安全衛生技術試験協会発表

第二種衛生管理者よりも合格率は、10%ほど低くなっています。

 

それだけ「有害物質」の問題が難しいんです。第一種衛生管理者に合格するには、専門的な知識が求められます。

 

合格率の高い試験だからといって、気を抜いてはいけません。

 

合格を手に入れるには、1ヵ月ほど勉強する必要があります。

 

具体的な勉強時間としては、60時間を目安としてください!

第二種衛生管理者の合格率・難易度

第二種衛生管理者の合格率は、毎年60%前後となっています。

第一種衛生管理者に比べると、簡単な試験です。

  • 令和元年度:合格率55.2%(受験者 33,559人うち合格者18,511人)
  • 平成30年度:合格率52.4%(受験者 32,985人うち合格者17,271人)

引用:公益財団法人安全衛生技術試験協会発表

真面目に勉強すれば、簡単に取得することが出来る国家資格となっています。

 

しかし、なめてはいけません!最低でも2週間は、勉強する必要があります。

 

勉強時間の目安としては、40時間ほどです。毎日2時間勉強すれば、2週間ほどで合格することが出来ます。

 

詳しい勉強方法については、下記ページにまとめました。

 

関連記事 

衛生管理者の活かし方

f:id:nodame79:20200211113138j:image

衛生管理者のメリットは、公式ページには以下のように書かれています。

 

衛生管理者は、従業員が50名以上所属している職場では、業種を問わず必ず選任しなければなりません。そのため、大企業ほど有資格者を求めています。

 

また、事業所の業績が伸びた結果、従業員が50名を超えたというケースもありますので、常に一定の求人があるでしょう。

 

取得していれば、転職にも有利です。特に、第一種はどのような職種の職場でも衛生管理を行うことができます。

 

なお、衛生管理者は他の仕事と衛生管理者の仕事を兼任している例がほとんどで、給与はその職場によって異なります。

 

ただし、資格手当が数千円程度つく職場が多いようです。

 

衛生管理者の資格を取得することで、仕事の幅が広がることは間違いありません。

 

求人で、「衛生管理者資格者優遇」を見かけることも珍しくありません。

衛生管理者の資格は、取得して損はない資格です。

 

>> リクナビNEXTで求人を探してみる!

 

\ 5分で無料登録 /
※登録後もお金は一切かかりません

衛生管理者の履歴書への書き方

f:id:nodame79:20200518183425j:plain

衛生管理者の資格を取得したら、履歴書にしっかりと記入しましょう。転職活動においても、衛生管理者の資格はアピールできますからね。

 

履歴書への記入方法は決まっており、正式名称で書く必要があります。

 

履歴書へは、「第一種衛生管理者免許 取得」と記入して下さい。

まとめ

f:id:nodame79:20200417104331j:plain

衛生管理者資格は、合格率も高く難易度の低い国家資格です。

 

会社から取得を命じられたら、チャンスだと思いしっかりと勉強してください。まじめに勉強すれば、誰でも取得できる資格です。

 

合格に必要な勉強期間は、およそ1ヶ月!勉強時間を確保することは難しいかもしれません。

 

しかし、一度取得してしまえば一生役に立つ資格です。

 

たった1ヵ月の頑張りが、今後の人生を変えることになるかもしれませんよ。

 

 

 
関連記事