38歳 無職 5社目の 転職活動奮闘記 とその後

まさか会社が倒産するなんて。。。。自分は今後どう生きていきたいのか?38歳で無職になった、その後の人生について

転職の面接で意識すること5点。アドバイスを貰いました。

どうも 38歳無職 のだめ です。

 

現在、5社目の再就職活動中です。

 

5月の連休明けから転職活動を始めて、少しづつ面接の予定が入ってきています。

が、正直面接に自信がありません。。。

 

中途採用の面接って、かなり突っ込んだ質問をされるのでどれだけ準備しても足りない気がして。。。

 

面接について悩んでいたら.ある方からアドバイスを貰えたので書きたいと思います。ある方とは、職業訓練校で就職相談をしてくれている、キャリアイドバイザーの方です。この方、1級キャリアコンサルティング技能士の国家資格をお持ちの方で、

大学や企業で面接対策セミナーの講師もされています。

職業訓練校に通って、この方と知り合えた事はかなりラッキーなことでした。

 

今、転職活動中の方、今後活動予定の方に少しでも参考にして頂ければと思います。

 

【面接で意識してほしい事】
①第一印象で面接官はある程度の判断を致しますので、「身なり、 明るさ、礼儀正しさ、挨拶」などの第一印象に関する事項には気をつけてください。


自分が面接官だった時にどんな人とだったら一緒に働きたいかを想像してみてください。
印象には主に表情、目線、声の大きさ、話すスピード、挨拶をするかなどがあります。
極端な比較例になりますが、ご自身ならどちらと一緒に働きたいか 考えてみてください。
例)
・「無表情の暗い人」⇔「笑顔で元気な人」
・「発言がネガティブな人」⇔「発言がポジティブな人」
・「話し方がまとまっていない人」⇔「話し方がハキハキしている 人」
・「きちんと挨拶をする人」⇔「挨拶をせずに面接に入る人」
・「背筋の曲がっている人」⇔「背筋の伸びている人」
・「話が長い人」⇔「話が簡潔な人」
ご自身が働いたつもりで、一緒に働きたい人をイメージしながら臨んでみてください。


②話が脱線しないようにして下さい(質問には結論から簡潔に回答 をする。その理由を聞かれたら、整理して列挙をする)

 

⇒「何を聞かれているのか」をしっかり理解する必要があります 。
一般的に質問は5W1Hで聞かれることが多いかと思います。(いつ、どこで、だれが、何を、なぜ、どのように)質問の内容 を理解した上で、答えは「結論から述べる」を意識してお答えするようにしてください。

 


③転職理由と応募動機(なりたい自分)には一貫性をもたせる


↑【結論から端的に分かりやすく】が非常に大切です!!↑

 

「転職理由」「今後やりたいこと」「志望動機」がそれ ぞれがバラバラな回答だと、今回同社に応募した経緯に一貫性がな く、論理的にお話しすることができない、という判断になってしまいます。また、たまたま受けただけ、という印象も与えかねません 。

今回の「転職を志望した経緯⇒会社選びの軸⇒その中でなぜ同社か ⇒同社で何がしたいのか」を一貫性を持ってお話できるようご準備 ください。


※それぞれの質問はバラバラにされるケースが多いので、ご自身の 中できちんと流れを持っておくことが必要です。


※転職理由はどの会社でも重視されるものです。前向きで納得できる理由かどうか、同社に入った場合にも想定され る理由になっていないか、しっかりお考えいただいた上で臨んでく ださい。


※「同社で何がしたいのか」は今回のポジションの業務内容と合っ たお答えをするようにしてください。


④仕事が出来ると思われるような短いエピソード(成功事例、失敗事例)を用意する

 


⑤逆質問の際の質問の準備をする

必ず質問をして下さい。3つ程、質問を考えて頂ければ良いかと思います。

実際に働くイメージをした場合、疑問に思う点はいくつか自然と出てくると思います。質問が思いつかない場合は、企業研究が足りない証拠です。

 

【最後に・・・】
※面接前には必ず企業研究・自己PR・志望動機等をまとめておいて下さい。


※話には、より具体性を持たせ、相手が聞きたいと思われるポイン トを良く理解し、的確に答えるよう心がけて下さい。


※「なぜ、そうしたか」「なぜ、そういう結果になったか」に焦点 を当てて、回答頂ければと思います。


※退職理由については、出来る限りネガティブな理由は避け、志望 動機に繋がるような理由をお話ください。


※志望動機については、何故この業界なのか、何故この会社なのか 、何故このポジションなのか、という視点で志望動機をお考えいた だくと明確になると思います。

 

面接では、緊張されるかと思いますが、しっかり準備すれば大丈夫 です。
ただ、実際の業務においても「顧客・社内の関係者との打ち合わせ 」などの対人折衝を経験されていらっしゃるかと思います。
そのような対人折衝と面接はさほど変わりはありません。
「相手の気持ち・考えを理解することが大切です」そして「ご自身の思い・熱意」を言葉に乗せてください。

 

 

以上が頂いたアドバイスです。

 

アドバイスを参考に、しっかりと対策して本番に挑みたいと思います。

来週面接の予定が3件 入っているので頑張ります!!

 

↓現状報告↓
応募 27社
お見送り 16社
書類通過 4社
書類選考 結果待ち 7社

一次選考 通過 1社
一次選考 結果待ち 1社